ツィーザーの消毒方法

  • HOME
  • ツィーザーの消毒方法

ツィーザーの消毒方法

科学的な消毒方法

ツイーザーの消毒方法

アルコール類(エタノール水溶液)
液の中に10分間以上浸し、布にしみこませて表面を拭きます。
エタノール(エチルアルコール)が多く使用されます。
濃度76.9%〜81.4%の消毒用エタノールが最も殺菌力が高く、一般的に使用されています。
無色透明、揮発性で臭いはありますが毒性は低いです。
濃度が低いと効果が劣ります。
プラスチック、ゴムを溶かすので使用する際は器具の材質に注意しましょう。
芽胞のある菌には効果はありません。
手指、金属、ガラスなどに適しています。
逆性石ケン水溶液
濃度0.1%の水溶液に10分間以上浸し、その後水洗いします。
無色、無臭で毒性は低いです。
金属(鉄や鉛以外)、布製品、ガラス、手指(濃度0.05%〜0.1%)など様々なものに適しています。
グルコン酸クロルヘキシジン水溶液
濃度0.05%以上の水溶液に10分間以上浸し、その後水洗いします。
無色(着色されていることもある)、無臭で毒性、刺激は少ないです。
金属、ガラス、手指(0.1%〜0.5%)など様々なものに適しています。
両性界面活性剤水溶液
濃度0.05%〜0.2%の水溶液に10分間以上浸し、その後水洗いします。
無色、無臭で毒性、刺激は少ないです。
金属、ガラス、手指(0.05%〜0.2%)など様々なものに適しています。

物理的な消毒方法

紫外線照射(紫外線消毒器などによるもの)
紫外線消毒器内の紫外線ランプで、1平方センチメートルあたり85マイクロワット以上の紫外線を20分間以上照射します。影ができている部分には効果がないので、重ねたりしないよう置き方に注意しましょう。
紫外線ランプは徐々に弱まるので交換時期に注意しましょう(目安は3000時間くらい)。
金属(ツィーザーなど)、ガラスなどに適しています。
煮沸消毒
沸騰(100℃)後、2分間以上煮沸します。
経済的で手軽な方法ですが、熱で変形するような器具には使用しないよう注意しましょう。 金属、陶器製の器具、ガラス器具などに適しています。
蒸気による消毒
80℃以上になったら10分間以上蒸気にあてます。
蒸し器などの蓋付き容器の底に水を張り、煮沸後の立ち上がる蒸気により、器具を消毒します。
煮沸より消毒レベルは高いです。
金属、陶器製の器具、ガラス、タオル、布製品に適しています。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は金属には不向きです。

また、ツィーザーにプラスチック部分がある場合などは溶けたり劣化する恐れがある消毒方法は控えましょう。
万が一血液が付着したものは必ず破棄してください。